母の日の紫陽花は花T-ECが便利でお得です!
大切な想いをお花のギフトと一緒に全国へお届け
Check
母の日にオススメな紫陽花のギフト
意外と知られていない、紫陽花に関する知識をご紹介します


Point
1

紫陽花の持つ花言葉

紫陽花には多くの花言葉があります。

紫陽花の花言葉は、『移り気』や『浮気』『無常』です。この花言葉は、紫陽花の花の色が時期によって変化することから付けられたと言われています。

紫陽花の色ごとの花言葉は、青が『辛抱強い愛情』ピンクが『元気な女性』白『寛容』です。

花言葉からも母の日の贈り物には、ピンクの紫陽花が好んで贈られています。

また、日本人には紫陽花に『仲良し』や『家族団欒』のイメージを抱いている方が多いようです。

Point
2

『ガクアジサイ』と『ハイドランジア』

原産国が日本である紫陽花には、現在50以上の多様な品種があります。紫陽花は大きく分類すると『ガクアジサイ』と『ハイドランジア』の2種類に分類することが可能です。

2種類のうち、現在一般的に見られる紫陽花は西洋種である『ハイドランジア』です。

『ハイドランジア』は、日本固有種であった『ガクアジサイ』を西洋で品種改良し、大正時代に日本に逆輸入されました。

どちらの種類も『土のph値によって花の色が変わる』紫陽花の特徴は変わりません。土壌が酸性であれば青い花を、アルカリ性であれば赤い花を付けます。

Point
3

紫陽花の花

多くの方は、紫陽花の花と聞くと、まず大きな花弁をイメージすると思います。しかし実は、大きな花弁であると思われている部分は花弁ではありません。

花弁に見える部分は花弁を支える萼(がく)片です。萼片は、中性花や装飾花と呼ばれています。本来の紫陽花の花は、萼片の奥にある小さく色づいた部分です。

『ガクアジサイ』は萼片が密集した花の外周を覆うように広がっている外見をしています。一般的にイメージされる丸い形ではなく、平たい形です。

対して『ハイドランジア』は大部分が装飾花です。形も、多くの方が紫陽花と聞いてイメージする丸い形をしています。

 

Access

愛知県西部知多半島の付け根東側にある自然豊かなのどかな町で運営している会社です

概要

店舗名 花T-EC
住所 愛知県知多郡東浦町石浜南ヶ丘10-15
電話番号 0562-74-6246
最寄り 全国対応(沖縄や北海道などは要相談)

アクセス

愛知県知多郡東浦町は、町内東側にはJR武豊線、西側には名鉄河和線が走り30分程度で名古屋方面へ出かけることができる自然がとても豊かな町です。そんなのどかな町を起点として、サブスクリプションビジネス開発やウェブ及びデジタルコンテンツの開発を行っている会社です。
Contact

お問い合わせ

花T-EC

坂元 充

取締役

初めまして。花T-EC開発及び運営管理責任者の坂元です。

花T-ECは年に数回程度のお花の手配(お祝いお悔やみ)に苦労して欲しくないという想いで作ったサービスです。

あえて自社開発を選択

お花の注文が可能なサービスは、モール型や、ECサイトプラットフォーム型など簡単に販売する方法はたくさんあります。
上記サービスは「自分で買う事」が前提に設計されており、贈り物という特性には向かずユーザー様が扱いにくくなってしまいます。
贈り物は、①送り主(ユーザー様)②お届け先両方のデータが必要です。そして重要なのがお花の贈り物に欠かせない名札が付きます。上記サービスでは名札を登録できるという機能はありません。
花T-ECはお花の手配に特化しているため「名札登録」が必要です。

特に2020年の新型コロナ感染拡大の影響によりリモートワーク化が進み、オフィスにあった情報が使えずお花の手配が益々困難になってきております。
オンラインサイト化する事でどこからでもアクセスできるからスマホがあれば簡単に注文できます。

とっても簡単なアカウント登録とマイページ登録を是非行って頂き便利なお花の手配をご体験頂きたいと思います。
お花の手配で、もう苦労はさせません!

RELATED

関連記事